0
¥0

現在カート内に商品はございません。

■ ブラック・ライヴズ・マター運動 誕生の歴史

¥3,850 税込
商品コード: 978-4-7791-2785-4
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
(ヨミ: ブラックライヴズマターウンドウタンジョウノレキシ)

バーバラ・ランスビー/著、藤永 康政/訳

〈発売日:2022/2/18〉
 A5判・上製、312ページ
(サイズ:215×155×24mm)
 定価 3,500+税

内容紹介/目次

現代アメリカを彩る人種闘争、BLM(ブラック・ライヴズ・マター)運動の誕生の瞬間から立ち合い、多くの活動家や団体と共に最前線で闘い続けるアクティヴィスト/研究者による新BLM史。


原書名: MAKING ALL BLACK LIVES MATTER

著訳者プロフィール

バーバラ・ランスビー/著
Barbara Ransby.
イリノイ大学(シカゴ校)で、アフリカン・アメリカン・スタディーズとウィメンズ・スタディーズの教授を務める。主著に、Ella Baker and the Black Freedom Movement: A Radical Democratic Vision (2003, UNC Press); Eslanda: The Large and Unconventional Life of Mrs.Paul Robeson (2013, Yale Press);Making All Black Lives Matter (2018, University of California Press:本訳書)。
さまざまな政治社会活動にも積極的に関与し、BYP100をはじめとするBLM加盟組織の創設を支援した実績を持つ。



藤永 康政/訳
(フジナガヤスマサ)
日本女子大学文学部教授。アメリカ黒人史。
主な業績に、「揺れ動くアメリカの中道 ブラック・ライヴズ・マター時代の民主党」『世界』(2020年11月、岩波書店)、「チェチョーカの拳 ブラックパワーとブラック・ライヴズ・マター」『現代思想 臨時増刊 総特集 ブラック・ライヴズ・マター』(2020年10月、青土社)、「キングのヴィジョン、マルコムの呪い、ニガ、ハイパワー!  ケンドリック・ラマーとブラック・ポリティクス」 『ユリイカ 特集 ケンドリック・ラマー  USヒップホップ・キングの肖像』(2018年8月、青土社)、『「ヘイト」の時代のアメリカ史 人種・民族・国籍を考える』(「黒人都市ゲトーを見つめるまなざし」所収、共著、兼子歩、貴堂嘉之 編、2017年、彩流社)、「ファーガソンの騒乱 「監獄社会」と21世紀の人種主義」(『アメリカ史研究』第38号、2015年8月)、『越境する1960年代 米国・日本・西欧の国際比較』(「「公民権物語」の限界と長い公民権運動論」所収、共著、油井大三郎 編、2012年、彩流社)、『流動する〈黒人〉コミュニティ アメリカ史を問う』(「プルマン・ポーターの公共圏」所収、樋口映美 編、2012年、彩流社)、『二〇世紀〈アフリカ〉の個体形成 南北アメリカ・カリブ・アフリカからの問い』(「モハメド・アリの「誕生」」所収、真島一郎 編、2011年、平凡社)、『文化と政治の翻訳学 異文化研究と翻訳の可能性』(「ヒップホップの想像力とアメリカ現代社会」所収、山本真弓 編著、2010年、明石書店)などがあり、現在、雑誌『思想』(岩波書店)にて「黒人自由闘争の歴史」を連載中。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿