0
¥0

現在カート内に商品はございません。

■ 復興ストレス

¥2,530 税込
商品コード: 978-4-7791-2300-9
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
(ヨミ: フッコウストレス)
失われゆく被災の言葉

伊藤 浩志/著

〈発売日:2017/2/22〉
 四六判・上製、204ページ
(サイズ:195×135×17mm)
 定価 2,300+税

内容紹介/目次

あの日から6年
復興のかけ声とは裏腹に、被災の言葉は失われていく
諦めや、泣き寝入りになってしまうこと
本当の意味での風化がいま、始まろうとしている
どうしたら現状を変えられるのだろうか
被災者の不安には、生物学的な合理性があることが分かった
気鋭の科学ライターが、最新の脳科学の成果を踏まえ、打開策を探る

プロローグ 本当の意味での風化

第1章 生物学的合理性から見た福島原発事故

第2章 脳神経科学から見た「不安」

第3章 社会の病としての放射線災害

第4章 科学的リスク評価の限界

第5章 これからの安全・安心論議に求められるもの

エピローグ 医学的リスク論と心理社会的リスク論

著訳者プロフィール

伊藤 浩志/著
(イトウ ヒロシ)
1961年生まれ。東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程修了。ストレス研究で博士
号取得。専門は脳神経科学、リスク論、科学技術社会論。現在は、フリーランスの科
学ライター。国際基督教大学でゲスト講師として講義するなど、放射線の健康リスク
をテーマに、福島県を中心に各地で講演活動も行っている。元新聞記者。雲仙普賢岳
の火砕流や阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、脳死臓器移植、遺伝子組み換え食品
など、科学・先端医療がからむ社会問題を担当した。福島市在住。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿