0
¥0

現在カート内に商品はございません。

■ レトリックと哲学

¥4,400 税込
商品コード: 978-4-7791-2568-3
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
(ヨミ: レトリックトテツガク)
ケネス・バークからミシェル・フーコー

中西 満貴典/著

〈発売日:2019/3/13〉
 四六判・上製、264ページ
(サイズ:195×135×22mm)
 定価 4,000+税

内容紹介/目次

〈文字(視覚)/声(聴覚)〉の違いを、〈近代的知/ルネサンスの知〉と関係づける文学批評、思想史、科学哲学等への横断的読解。本書は、フーコー再読から、異なる対立軸の中間で複合重層的に思考を進める研究である。


著訳者プロフィール

中西 満貴典/著
(ナカニシ ミキノリ)
1953年愛知県生まれ。名古屋大学工学部卒業。
名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。
博士(学術)。(株) 富士電機製造を経て、
愛知教育大学附属高等学校、
愛知県立岡崎高等学校などで教鞭を執る。
著書等に
『「国際英語」ディスクールの編成』
(単著、中部日本教育文化会、2002年)、
『よくわかるコミュニケーション学』
(分担執筆、ミネルヴァ書房、2011年)、
『現代日本のコミュニケーション研究 
 日本コミュニケーション学の足跡と展望』
(分担執筆、三修社、2011年)
『追憶の日米野球  日本プロ野球誕生前夜』
(彩流社、2017年)、
『追憶の日米野球 Ⅱ 「大日本東京野球倶楽部」誕生』
(彩流社、2018年)他がある。
現在、岐阜市立女子短期大学英語英文学科教授。
専門はレトリック批評、記号論。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿