0
¥0

現在カート内に商品はございません。

■ ジョルジュ・サンドと四人の音楽家

¥1,870 税込
商品コード: 978-4-7791-7003-4
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
(ヨミ: ジョルジュサンドトヨニンノオンガクカ)リスト、ベルリオーズ、マイヤベーア、ショパン
フィギュール彩3

坂本 千代/著、加藤 由紀/著

〈発売日:2013/10/23〉
 四六判・並製、176ページ
(サイズ:188×128×11mm)
 定価 1,700+税

内容紹介/目次

19世紀フランスで、男装の麗人、恋多き女として知られ、常に文化の中心にいたジョルジュ・サンドが書いた小説や日記などを通し、音楽史へ多大な足跡を残した四人の音楽家たちを浮かび上がらせ、音楽/文学の力を考察する。

【目次】
まえがき
第一章●「同志リスト」 サンドからの手紙、《旅人のアルバム》など
第二章●「天才の苦悩 ベルリオーズ」黒いロマン主義など
第三章●「天才の栄光 マイヤベーア」旅人の《ユグノー教徒》評など
第四章●「恋人ショパン」 運命の恋とその破局など
第五章●「サンド作品中の音楽家像」   ※年譜、作品リストなども充実してます!

著訳者プロフィール

坂本 千代/著(サカモト チヨ)
高知県出身。東京大学大学院博士課程中退。
リヨン第2大学で文学博士号取得。
現在、神戸大学大学院国際文化学研究科教授。
専攻:フランス文学、フランス文化論。
主著に『マリー・ダグー 19 世紀フランス』(春風社)、
『ジョルジュ・サンド』(清水書院)、
『愛と革命 ジョルジュ・サンド伝』(筑摩書房)、
『200 年目のジョルジュ・サンド』(共著、新評論)、
『ジョルジュ・サンドの世界』(共著、音楽之友社)など、多数。

加藤 由紀/著(カトウ ユキ)
大阪府出身。大阪大学大学院博士課程前期修了。
大阪芸術大学にて芸術文化学博士号取得。現在、大阪音楽大学講師。
専攻:音楽学、西洋音楽史。
主著に『音楽学を学ぶ人のために』(共著、世界思想社)、
『音が織りなすパフォーマンスの世界』(共著、昭和堂)、
『音楽研究 理論と実践』(音楽之友社)などがある。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿